So-net無料ブログ作成

明治探検隊 時を越えたトリック その10 [明治探検隊 時を越えたトリック]

明治探検隊 時を越えたトリックにまつわるお話。

当ブログでは、ネタバレはありません。
明治探検隊の掟は絶対です。

TRICK Ⅲの話題。

ここの奇術は、全て「あやかしの奇術」がかかっている。


ということで、「あやかし」について調べてみた。

提供元:「デジタル大辞泉」によると、
1 船が難破する時に海上に現れるという化け物。
2 不思議なこと。また、そのもの。妖怪(ようかい)。
3 コバンザメの別名。
4 (「怪士」と書く)能面の一。男の怨霊(おんりょう)を表す面。
5 愚か者。
「人の聞きて、我を―と言はん」〈咄・醒睡笑・二〉

・・まあ、2に近いかな。

だから何だ、と思うかもしれないが、言葉の意味は
正しく把握しておくことが謎を解く第一歩なんですよね。。

何が不思議なのかは、かかっている術を読み解くと、
その正体が見えてくるような、そうでもないような。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。